洗顔フォームを泡立てる意味は?正しい洗顔の仕方をチェック

もくじHeading

  1. 洗顔には泡立てが必要?
  2. 正しく使えば効果抜群!洗顔料の使い方講座
  3. 正しい洗顔で毛穴トラブル対策

毛穴ケアやニキビケアなど、美容に重要なのはやっぱり洗顔アイテム。

毛穴パックやオイル、ワセリンなど特別な方法を使うより、毎日朝晩に効果的な洗顔を続けるほうが頑固な角栓や毛穴汚れのケアには有効です。

洗顔フォームの使い方で気になるのが泡立て。

しっかり泡立てて使うべき」とよく聞きますが、それはなぜなのでしょうか?

今回は、洗顔フォームの正しい使い方や効果的な使い方、選び方について解説します。

洗顔には泡立てが必要?

パーフェクトホイップ夜はまだしも、朝忙しい時間に洗顔フォームを泡立るのは結構面倒くさいですよね。

筆者もそう思っていたのですが、ちゃんとバスリリーを買って泡立てた洗顔料でのケアをしてみると「こっちのほうが断然いい!」と思えました。

  • 肌への負担を減らせる
  • フワフワで気持ちいい
  • 洗い上がりのすっきり感が違う

男性にも女性にもぜひやってほしい、フワフワ泡洗顔のメリットをチェックしてみましょう。

肌への負担を減らせる

お顔の皮膚はとてもデリケート。

顔にゴシゴシと手をこすらせて洗ってしまうと、摩擦の刺激で肌表皮のバリア機能が弱まり、うるおいを保てなくなって乾燥が早まります。

洗顔フォームをしっかり泡立てて肌を滑らせるように洗うと、泡がクッションの役割をして手と顔の肌の摩擦を避けることができます。

泡と洗浄成分の関係?

洗顔料に含まれた、水だけで落ちない成分を落とすための洗浄成分のことを「界面活性剤」といいます。

界面活性剤は効果が高い分、肌への刺激が強いのは否めません。

しかし、洗顔フォームをしっかり泡立ててきめ細かい泡で顔を洗うことで、泡と泡の間に界面活性剤が保たれて洗浄成分が流れにくくなり皮膚への密着を防げます。

また、近年のメーカー研究によって高密度の泡は粗い泡よりも皮脂の吸収力が高いこともわかっています。

フワフワで気持ちいい

実際に試すと分かりますが、洗っている時の気持ちよさが全然違うんです!

それは、洗顔フォームが「泡立てて使うこと」を前提に洗い心地の良さを考えて開発されたものだから。

例えば洗顔フォーム以外にも、食器用洗剤やシャンプー、洗濯洗剤など泡立つものは日常にたくさん溢れていますよね。

そういった泡とは異なり、泡立ちやきめ細かさ、弾力などがメーカーによって考えられているので、商品本来の使い心地が楽しめます。

おすすめ泡は専科「パーフェクトホイップ」

個人的に気に入っているのが、専科の「パーフェクトホイップ」。

ホイップのネーミングに違わない泡のモコモコ感、モチモチ感が楽しく、泡立てる工程も手間に感じないほど洗顔が楽しくなりました。

プチプラなので泡洗顔の習慣をつけるためのスタートにもおすすめです。

洗い上がりのすっきり感が違う

しっかり泡立てて洗うと、粗い泡の洗顔フォームを顔に塗りつけていた時よりも洗い上がった時の顔がすっきりしているんですよね。

これはきめ細かい泡で洗うと、洗浄成分が毛穴に入りやすく汚れや皮脂をより落とせるようになるから。

せっかく洗顔したのに皮脂や古い角質などが洗浄されずに残ってしまっては意味がないですよね。

正しく使えば効果抜群!洗顔料の使い方講座

正しい洗顔のやり方洗顔料が効果をより発揮して毛穴やニキビ、角質をケアするには、正しい使い方で洗顔フォームを活用することが重要です。

  1. 事前にクレンジング
  2. 手と顔をよく洗ってクレンジング剤を落とす
  3. 洗顔料をしっかり泡立てる
  4. 顔を泡でなでるように洗う
  5. ぬるま湯でよくすすぐ
  6. 水分を拭き取る
  7. スキンケアをする

美肌になるための洗顔料の正しい使い方は上の通り。詳細なポイントも説明します。

クレンジングする

メイクをしている場合は、洗顔の前のクレンジングが大切。

  • クリームタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • ミルクタイプ
  • 温感タイプ

クレンジングには様々な種類があります。使い心地のよいものを選びましょう。

メイクの落とし残しは毛穴詰まりの原因となるので、洗顔するからと手を抜かずていねいにメイクを落としましょう。

手と顔をよく洗ってクレンジング剤を落とす

肌への負担を減らすために、熱いお湯ではなくぬるま湯を使ってクレンジングを洗い流しましょう。

手や顔にメイク汚れや油分が残っていると、洗顔料が泡立ちづらくなり効果が半減します。

クレンジングをしていない場合も、洗顔料をつける前にぬるま湯で顔を濡らしておくのがベター。泡のしぼみを防ぎ、摩擦を起こさず洗顔ができます。

洗顔料をよく泡立てる

泡が逆さにしても落ちないくらいまで洗顔料を泡立てましょう。

手のひらでもいいですが、私はうまく空気を含ませることができず泡立てネットやバスリリーなどを使っています。

手のひらだけで泡立てるのはなかなかコツがいるので、自身がなければ100円ショップなどで購入しましょう。

ポイントは少量のぬるま湯を数回に分けて足すことです。

洗顔料はどんなものを選べばいい?

「洗顔料」といっても、商品によってテクスチャーなど特徴が異なります。

  • クリームタイプ
  • クレイタイプ
  • ソープタイプ(石鹸タイプ)
  • ミルクタイプ

皮脂の過剰分泌に悩む場合はクリームタイプ、すでにできている角栓や毛穴の黒ずみに直接アプローチするにはクレイタイプ、乾燥が気になるなら石鹸タイプ、たるみ毛穴ならうるおいを保てるミルクタイプ、と悩みに合わせて選ぶのもひとつの目安ですが、基本的には好みのものを探せばOK。

顔を泡でなでるように洗う

ゴシゴシ洗わず、作った泡を優しく肌の上で転がすように洗います。

余計な皮脂のケアをするため、皮脂量過多の状態になっている小鼻やTゾーン、おでこは特にていねいに洗いましょう。

ぬるま湯でよくすすぐ

前の工程と同じく、肌へのダメージを抑えるためぬるま湯ですすぎましょう。

  • 小鼻の脇
  • 髪の生え際
  • おでこの際
  • あご

上の部位はすすぎ残しが多いところです。鏡を使ってていねいにチェックしながらすすぎましょう。

水分を拭き取る

吸水性が高く肌触りが柔らかなタオルを選び、ゴシゴシこすらず優しく肌を押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

ていねいなスキンケアをする

洗顔後のお顔を放置しておくと、水分が蒸発してしまい乾燥肌につながります。

お手持ちの化粧水や美容液、乳液、クリームなど基礎化粧品を使用してケアしましょう。

正しい洗顔で毛穴トラブル対策

ニキビや毛穴ケアの様々な方法がSNSやブログなどで広まっていますが、結局一番大切なのは毎日のこまめな洗顔です。

ケアのやり方をちょっと変えるだけで、肌トラブルを回避してきれいなお顔への近道に。

洗顔フォームは配合成分によって美白効果を持つものや敏感肌にダメージを与えないものなどさまざまですので、自分にあったものを探してケアしましょう。

  • シェア

人気の炭酸パックパックランキングBEST3

  • 1位

    HADAFUWA

    保湿力と毛穴洗浄効果はサロン級!混ぜずに使える手軽さも◎

    HADAFUWA

    製薬会社とエステサロン、美容機器メーカーが「自宅でエステのようなケア」をコンセプトに共同開発した炭酸パック「HadaFuwa」。一般的な炭酸パックの約20倍に相当する超高濃度炭酸が、肌の新陳代謝を促し8種の美容成分をしっかり届けてくれます。1剤のみで混ぜずに使えてお手軽なのも好感度大!

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    ホメオバウ O2パック

    エステティシャンからの信頼も厚い実力派

    ホメオバウ O2パック

    炭酸パック業界のけん引役「メディオン・リサーチ・ラボラトリーズ」の特許に基づき製造・監修された「O2パック(オーツ―パック)」。炭酸の力で血行を改善して肌本来のハリを引き出し、贅沢に配合された美容成分がくすみや老化の原因にあらゆる側面からアプローチしてくれます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ドクターメディオン
    スパオキシジェル

    美容医療機関やエステのノウハウを生かした元祖・炭酸パック

    ドクターメディオン スパオキシジェル

    炭酸パックの生みの親・皮膚科医の日置医学博士が、美容機関で培われたノウハウを生かして改良を重ね開発した「スパオキシジェル」。フレッシュな炭酸の力でハリと潤いのある健やかな肌を実現します。美容成分を含んだジェルの働きで、肌の外側からしっかり保湿する効果もあり。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
炭酸パック比較表

イチオシ記事

よく見られる記事