フェイスパックをタイプ別に徹底比較

もくじHeading

  1. タイプ別!フェイスパックの特徴
  2. 1.シートパック
  3. 2.洗い流すタイプ
  4. 3.剥がすタイプ

タイプ別!フェイスパックの特徴

今ではスキンケアの定番となっている顔パック。
きちんと使えば美肌効果が得られるといわれています。
どのような種類のものがあって、どのように使えば効果的なのかをみてみましょう。

1.シートパック

毎日使えるプチプラタイプからリッチなブランド品まで、多くの種類があり、人気のシートタイプ。コットンなど肌にやさしい素材で肌に密着させるため、美容成分が肌に浸透しやすくなります。毎日使えるタイプは、化粧水よりも効果が感じられるから使っているという人も多いようです。

美白成分やコラーゲンなどの保湿成分、プラセンタなどの抗酸化作用のある成分など、含まれている成分によって、使い分けてみるのもいいですよね。

価格が安いものは、美容成分も薄めのものが多いので、肌にはやさしいですが、あまり効果が期待できないものもあります。また爽快感を出すために、エタノールなどのアルコールを含んでいるものも多数あります。これは揮発することで逆に肌を乾燥させてしまうので、エタノールが入っていないものを選ぶ方が安心です。

このタイプはほとんどが美容成分になります。化粧水の代わりに使うのではなく、先に化粧水で肌を整えておいてから使いましょう。また目元用クリームは、シートマスクの前に使うことで乾燥を防ぐことができます。長時間顔にのせておけば効果が得られるというものではありません。シート自体の吸水率が高いため、長時間つけているとかえって乾燥させてしまいます。表記されている時間を守って、乾燥を防ぐためには、シートマスクの上からラップを重ねると、水分の蒸発を防ぐことができます。

2.洗い流すタイプ

パックを肌に塗って、ある程度時間を置くことで、美容成分がじんわりと浸透し、洗い上がりはもっちりとした肌に。また、肌の汚れも吸着してくれるタイプのものもあり、こちらは肌のトーンが上がる!という人も多いようです。さらに、毛穴のお掃除と保湿の両方の効果を謳っているものもあります。

洗い流すタイプで昔からあるのがクレイパックです。ミネラル分が豊富な泥が、肌の余分な皮脂や汚を除去してくれます。またこのタイプで一番効果があると言われているのが炭酸パックです。炭酸の力で代謝を高め、肌本来の力を引き出してくれます。

肌が清潔な状態で使うのが正しい方法です。クレンジングをして洗顔後、化粧水の前に使用します。こちらも表記時間を守って、洗い流しましょう。洗い流す時にゴシゴシとこすってはいけません。肌のダメージが大きくなってしまいます。ぬるま湯でやさしく、しっかり洗い残しのないようにしましょう。

このタイプは、古い角質を落として、毛穴を引き締めますが、過度の使用は肌の負担になるため、表記されている使用頻度にすることが大切です。ただし、人気の炭酸パックは毎日使っても肌に負担になることはないと言われています。最近は安価なものも増えていますが、それでもまだ他のパックに比べると価格は高めです。いざ!という時に炭酸パックを使いたいですね。

3.剥がすタイプ

昔からあるタイプです。クリーム状のものを薄く顔に塗布して、しばらく時間を置くと、乾いて一枚の薄い膜になって剥がせるものです。エステサロンなどで人気の石膏パックもこのタイプです。強い吸着力が特徴で、古い角質や毛穴の汚れをきれいにしてくれます。

強い吸着力があるため、正しい使い方をしないと肌に大きなダメージを与えてしまいます。入浴後、または蒸しタオルやスチーマーでしっかりと肌を温めて、毛穴を開いてから使用します。古い角質を一気に引き抜きますので、表面の必要な角質や皮脂まで取り除いてしまうと、肌トラブルの原因になります。敏感肌や乾燥肌の人はあまり使用しない方がいいでしょう。使用した後は、毛穴が開いた状態です。冷水や化粧水で必ず毛穴を引き締めましょう。収れん化粧水が一番おすすめです。化粧水、乳液の後に収れん化粧水で毛穴をしっかりと閉じておきましょう。

  • シェア
炭酸パックランキング

イチオシ記事

よく見られる記事