炭酸パックと水素パックの違いをそれぞれ比較!

もくじHeading

  1. 炭酸パックvs水素パック
  2. 炭酸パックとは
  3. 炭酸パックの効果
  4. 水素パックとは
  5. 水素パックの効果

炭酸パックvs水素パック

パックの中でも、何かと話題になる炭酸パックと水素パック。この2つはどう違うのかよくわからないということを耳にします。そもそも成分の違いによる働きは何か、効果の違いは何かについてみてみましょう。

炭酸パックとは

炭酸パックとは、その名の通り、二酸化炭素を含んだパックマスクのことです。炭酸パックの中にも、様々なタイプの商品があり、シートマスクタイプのモノやジェルタイプのモノ、泡タイプのモノなど種類は様々。二酸化炭素のパチパチとした感覚が独特で、特別な日の前夜のスペシャルケア美容品として近年人気を集めています。

フリーアナウンサーの田中みな実さんなどが使用を公言しており、美容に関心のある女性たいから炭酸パックは大注目を浴びています。

炭酸パックの効果

まずは、炭酸水のことを思い出してください。炭酸水は「二酸化炭素が溶け込んだ水」のことをいいます。炭酸水を飲用すると血管に流れる二酸化炭素の濃度が上昇し、いわゆる酸欠状態になります。すると身体は毛細血管を広げて血流を増やし酸素をたくさん取り込もうとします。これにより血行が促進され、美容や健康への効果をもたらすのです。

炭酸パックの場合も、炭酸パックに含まれた炭酸ガスが毛細血管から血液内に溶け込み、二酸化炭素の濃度が上昇し、血行が促進されて肌細胞への酸素供給量も増加します。血行が促進されると老廃物の排出がスムーズになり、肌細胞の活性化や、しわ・しみ・むくみの改善、リフトアップ効果などが期待できます。

水素パックとは

物質が酸素と結びつくと、鉄が錆びるように人間の体も酸素と結びついて悪玉活性酸素が発生します。これが老化の原因と言われています。水素は抗酸化力に優れており、老化の原因となる活性酸素とのみ結合し、無害の水に変わって体外へ排出される作用があります。さらに、とても小さい分子なので、お肌の中までしっかりと浸透して、老化の根本的な原因を除去してくれます。

水素の働き1

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織と階層状になっており、一番外側にあるのが、角質層と言われるものです。肌の弾力やハリを保つ働きをもっているのは真皮なので、化粧品などの美容成分は真皮に届かなければ効果がありません。

ほとんどの化粧品に含まれる美容成分は、この角質層がバリアとなり、真皮にまで届きません。

水素パックに含まれる水素は、宇宙で一番小さい分子のため、水素は肌の奥の真皮にまで届きます。水素が真皮までの道を作ってくれるため、美容液も浸透しやすくなるというわけです。水素パックに含まれる美容成分がしっかり真皮に届き、肌に弾力とハリを与えてくれます。

水素の働き2

そもそも水素には、活性酸素を取り除く、強い抗酸化作用があります。紫外線やストレスなど、さまざまな原因で発生する活性酸素は、肌を酸化=老化させる原因物質となります。シミやシワなどの肌トラブルの原因は、活性酸素によるものだとも言われています。発生した活性酸素を取り除くことで、肌の弾力やコラーゲン、ヒアルロン酸などを活性酸素から守ることが可能になります。その結果、活性酸素によって破壊されていた弾力や潤いを取り戻すことが期待できます。

つまり、水素はアンチエイジングに効果的と言えるのです。

水素パックの効果

肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンを破壊するヒドロ騎士ラジカル(活性酸素)を除去してくれるため、皮膚細胞に酸素や栄養分を運んでくれることで、ハリが出て、リフトアップの効果も感じられます。またメラニン抑制効果と、活性酸素の除去によることでくすみがとれ、美白効果も期待できます。

1.エイジングケア

加齢や紫外線などにより、活性酸素が増えると、コラーゲンを生み出す力が弱くなり、ターンオーバーの周期も乱れます。水素パックを行うと、水素を真皮に送り込むことができるようになり、水素の抗酸化作用により活性酸素を除去することで、正常なターンオーバーの周期に戻ります。これがシワやほうれいせんなどにも効果を発揮し、肌のふっくら感を実感できるようになります。

2.美白ケア

シミやくすみの原因物質は、肌の「サビ」と言われる過酸化脂質と、活性酸素によって増えたメラニン色素です。水素パックの抗酸化作用により、この活性酸素と過酸化脂質を肌から取り除くことが可能となるため、シミやくすみの予防になります。またできてしまったシミなどを薄くする効果も期待できます。美白効果が感じられるのはこのためです。日焼け後の肌のお手入れにも水素パックはおすすめです。

3.バリア機能のアップ

抗酸化力の高い水素パックは、肌を守るバリア機能も向上させると言われています。

活性酸素と聞くと、悪いものだと思っている人がほとんどだと思いますが、実は、活性酸素は強力な殺菌作用があり、体内の悪い細菌を駆除する働きを持っているのです。悪さをするのは、活性酸素が増えすぎた場合です。水素パックは、悪い働きをする酸化物質のみを体外に排出し、より働きをする活性酸素は残すという、理想的な働きをしてくれます。肌のバリア機能が高まることで、肌あれや乾燥、炎症などから肌を守る効果が期待できるのです。

4.毛穴ケア

水素パックは、水素水が肌の奥の真皮まで浸透していくと、水素が肌に必要な水分として生まれ変わります。それにより、肌の内側に潤いを与えてくれ、肌のキメが整い、毛穴が目立たなくなるという効果が期待できます。肌のキメが揃うと、化粧水の浸透力もアップし、ひいては化粧ノリもよくなることが期待できます。

 

  • シェア

人気の炭酸パックパックランキングBEST3

  • 1位

    HADAFUWA

    保湿力と毛穴洗浄効果はサロン級!混ぜずに使える手軽さも◎

    HADAFUWA

    製薬会社とエステサロン、美容機器メーカーが「自宅でエステのようなケア」をコンセプトに共同開発した炭酸パック「HadaFuwa」。一般的な炭酸パックの約20倍に相当する超高濃度炭酸が、肌の新陳代謝を促し8種の美容成分をしっかり届けてくれます。1剤のみで混ぜずに使えてお手軽なのも好感度大!

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    ホメオバウ O2パック

    エステティシャンからの信頼も厚い実力派

    ホメオバウ O2パック

    炭酸パック業界のけん引役「メディオン・リサーチ・ラボラトリーズ」の特許に基づき製造・監修された「O2パック(オーツ―パック)」。炭酸の力で血行を改善して肌本来のハリを引き出し、贅沢に配合された美容成分がくすみや老化の原因にあらゆる側面からアプローチしてくれます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ドクターメディオン
    スパオキシジェル

    美容医療機関やエステのノウハウを生かした元祖・炭酸パック

    ドクターメディオン スパオキシジェル

    炭酸パックの生みの親・皮膚科医の日置医学博士が、美容機関で培われたノウハウを生かして改良を重ね開発した「スパオキシジェル」。フレッシュな炭酸の力でハリと潤いのある健やかな肌を実現します。美容成分を含んだジェルの働きで、肌の外側からしっかり保湿する効果もあり。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
炭酸パック比較表

イチオシ記事

よく見られる記事