毛穴パックは角栓が取れすぎる?メリットとデメリットとは?

もくじHeading

  1. 毛穴パックは毛穴の汚れを根こそぎ取れる?
  2. 毛穴が汚れる原因
  3. 毛穴パックのメリットとデメリット
  4. 毛穴パックを使用する上で気を付けるべきこと
  5. まとめ

毛穴パックは毛穴の汚れを根こそぎ取れる?

毛穴の開きや黒ずんだ汚れが気になる方は多いと思います。綺麗な肌をつくるために、毛穴パックを用いてケアをしている方も多いでしょう。

「毛穴パックを使用すれば、毛穴に詰まった汚れがかなり取れる!」と期待していた方の中には、毛穴パックでのケアを継続していても、思うように効果が得られなかったという方もいるのではないでしょうか?

今回、毛穴パック使用による効果についてまとめたので、是非、本記事を参考にしてみてください。

毛穴が汚れる原因

過剰な洗顔をしたりしていると、皮脂の分泌が普段よりも多くなります。過剰に皮脂が分泌されてしまうことで、肌の新陳代謝が乱れることになるため、皮脂や角質がスムーズに排出されなくなることに。

肌に残った皮脂や角質は、産毛と混じって角栓となり、毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴に角栓が詰まると、日常生活における汚れが吸着したりすることで、毛穴が黒ずんでしまう原因となります。

毛穴パックのメリットとデメリット

メリット

  • 広範囲の角栓が除去
  • 洗顔では落ちない角栓を剥がすことが可能

毛穴パックは広範囲の角栓を一気に取り除くことが可能。毛穴ケアに時間がかからないため、角栓が目立つ部位だけをパックすれば、過剰なケアを防ぐことができます。

また、ほとんどの洗顔商品では、角栓を落とすことはできませんが、毛穴パックを用いれば、洗顔で落ちない頑固な角栓を除去できる特徴があります。毛穴にこびりついた角栓は、パックでのケアがおすすめです。

デメリット

  • 肌へのダメージが大きい
  • 深い毛穴の角栓は取りにくい

毛穴に入り込んだ角栓を吸着させるため、肌への負担が大きいものになっています。また、毛穴の奥深くにある角栓は、毛穴パックでは、完全に除去することはできません。

毛穴パックを使用する上で気を付けるべきこと

角栓は無理にとらない

毛穴パックで角栓が取れなかったとしても、無理に手で取るようにしないことが大事です。長時間アックをしても取れない角栓は取れないため、適切な洗顔と毛穴パックを行うようにしましょう。

パック後はしっかり保湿

毛穴パックを使用した後は、肌が乾燥しやすくなるため、しっかり保湿を行うようにしましょう。肌が乾燥すると、肌荒れする原因にもなるため、普段から使用している美容液や化粧水を使用してください。

週に1回程のパック

使用頻度が多いと、肌への負担が大きくなって、トラブルとなってしまうことにも。ニキビや湿疹などができてしまえば、元も子もないので注意しましょう。

まとめ

毛穴パックを使用する上で、メリットとデメリットが存在します。広範囲に角栓を除去できるメリットがある反面、肌へのダメージが大きいのがデメリットでもあります。毛穴パック使用後は、必ず保湿クリームや化粧水を用いたケアを徹底するようにしましょう。

  • シェア
炭酸パック比較表

イチオシ記事

よく見られる記事