鼻の黒ずみの原因は毛穴から出てくる産毛!?スキンケアで対策を

もくじHeading

  1. 毛穴と角栓が鼻の黒ずみを招く!
  2. スキンケアから毛穴の黒ずみ対策を
  3. 気になって仕方がないなら、病院に駆け込むのも吉
  4. 毎日のこまめな鼻ケアで角栓と毛穴の詰まりを取る!

小鼻にポツポツ散らばる毛穴の黒ずみ、憂鬱になりますよね。
一生懸命クレンジングをしても、美容液や化粧水でしっかりケアしてもなかなか良くならない!とお悩みの方も多いと思います。

毛穴の黒ずみの原因と言えば、汚れが思い浮かびますよね。ですが、毎日きちんとスキンケアをしている方の毛穴には汚れがつきづらいため、意外にも黒ずみになることは少ないのです。
黒ずみの真の正体とは、鼻の毛穴から出てくる産毛!この産毛が角栓のできた毛穴に詰まることで、黒ずみを引き起こす可能性があるのです。

今回の記事では、鼻の産毛と角栓が招く黒ずみのメカニズムや対処法、効果の高いおすすめケアアイテムや食事法などをチェック。
毛穴ケアにつながる情報を様々な視点からお伝えします。

毛穴と角栓が鼻の黒ずみを招く!

毛穴と角栓が鼻の黒ずみを招く!毎日しっかりケアをしているのに、なかなか黒ずんだいちご鼻がキレイにならない……。
そんな方にぜひ気にしてほしいのが、毛穴から出る産毛。
黒く見えてしまう理由について、詳しく見てみましょう。

産毛はどのように影響しているの?

一番の問題は、産毛が角栓に詰まってしまっていること。
産毛は髪の毛と同じように、ターンオーバー(新陳代謝の仕組み)が正しく働いていれば勝手に抜け落ちるものです。
しかし、角栓詰まりが発生していれば話は別。
本来白い色をしている角栓ですが、毛穴との相乗効果で黒ずみやニキビにもつながってしまうのです。

毛穴の黒ずみが生まれるプロセス

毛穴の黒ずみが生まれるプロセス黒ずみ発生のプロセスをカンタンに書くと、以下のようになります。

  1. 角栓ができる
  2. ターンオーバーで落ちるはずの産毛が毛穴に詰まる
  3. 角栓の成長を招き、毛穴が開く

角栓ができる

「角栓」は、毛穴の奥から分泌された皮脂とはがれ落ちた古い角質が混じり合ったもの。
できた角栓は毛穴の奥部からどんどん溜まっていきます。

毛穴に産毛が詰まる

産毛はターンオーバーの時期を迎えて自然に抜けますが、毛穴にできた角栓がふたとなって毛穴を表面にとどまらせ、落ちていく邪魔をしてしまいます。

角栓の成長と毛穴の開き

産毛が詰まってしまった毛穴には、新たに分泌された皮脂やはがれた角層も詰まります。
新しく生えてきた産毛もターンオーバーを迎えますが、当然ふたになった角栓のせいで皮膚にとどまります。
こうなると角栓はさらに大きく成長していき、毛穴が大きく開いて広がってしまうのです。

産毛を取り除いてしまえばいいのでは?

毛抜きやフェイス用のカミソリなどで小鼻の産毛を除去することはたしかに可能です。
しかし、人間の体の仕組み上、一時的に取り除いたとしても次の産毛が生えてくることは避けられません。
さらに、無理矢理な自己流セルフケアでは、肌を傷つけてしまう可能性もあります。
産毛から対処するのではなく、角栓を詰まらせないためのスキンケアがベストアンサー。

毛穴パックも避けて!

専用のシートを鼻に貼り付けるタイプや、ジェルやクリームを乾燥させてからはがすタイプの毛穴パックも人気を集めていますよね。
大きくガンコな角栓や毛穴に詰まった汚れでもさっぱり取り除くことができますが、肌に必要な油分や皮脂まで除去してしまうこともあります。
肌への負担も大きいので、ダメージを与えず肌をいたわりたいならなるべく控えましょう。

スキンケアから毛穴の黒ずみ対策を

スキンケアから毛穴の黒ずみ対策を角栓を詰まらせないために大切にしてほしいことは、日常のケアの中にたくさんですあります。

  • 丁寧な洗顔やクレンジング
  • スクラブや酵素洗顔はスペシャルケアとして
  • 潤いをたっぷり与えてしっかり保湿
  • 入念な紫外線対策
  • ターンオーバーを正常な状態に保つ

本気で黒ずみを取り除きたい人こそ、クレンジングオイルでゴシゴシ摩擦するような洗顔や過度なピーリングはNG。
乾燥肌にもつながりますし、悪化にもつながりかねません。

丁寧な洗顔、クレンジング

まずは毎日のケアから!
クレンジングで顔についた化粧品をしっかり落とし、洗顔を丁寧に行うのが基本のきほんです。

小鼻は顔のなかでも特に皮脂を多く分泌するスポットのひとつ。指先で丁寧に洗い、洗顔料はよく泡立てて使って。
気になる部分のマッサージは、摩擦がかかりすぎないよう力を入れにくい薬指で行うのがコツ。
その後はすすぎ残しがないようにしっかり洗い流しましょう。

ただ、洗浄力が高すぎるクレンジングや洗顔料を使っていると、肌の乾燥を招きかえって皮脂の過剰分泌につながることも。自分の肌にあった洗浄力のものを選びましょう。

ロゼット Skin mania セラミド クレンジングジェル

ロゼット Skin mania セラミド クレンジングジェル
引用:www.amazon.co.jp/dp/B089MHND6M
人気の洗顔料ブランドロゼットのアイテム。
クッション性のあるジェルで、肌に負担をかけることなく優しくメイクや汚れをオフ。
保護効果と浸透効果の高い2種類のセラミドを成分に含むので、洗いながら肌のバリア機能を整えてくれますよ。

マナラ ホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲル
引用:www.amazon.co.jp/dp/B07NK49G4H
毛穴や角質をゆるめて毛穴汚れを吸着し、メイクと一緒にするんと落としてくれるミリオンヒットアイテム。
長く放置されたガンコな角栓にもしっかりアプローチできて、ダブル洗顔も不要です。
筆者も家族と愛用していますが、美容液のようなゲルと柑橘系の香りが心地いいです!

スクラブや酵素洗顔はスペシャルケアとして

毛穴の奥の汚れまでしっかり取り除いてくれるスクラブや酵素洗顔料。
どちらも効果の高さがうれしいですが、洗浄力ゆえに肌への負担も強いものですので使い方には注意が必要です。
毎日使うのは避け、週末などのスペシャルケアとして取り入れましょう。

潤いをたっぷり与えてしっかり保湿

毛穴の詰まりや黒ずみに悩んでいるなら、乾燥は断固NG!肌が乾燥していることで皮脂が足りないと体が認識し、過剰に皮脂を分泌してしまいます。

皮脂量が多い人だって同じこと。
化粧水をつけることで肌に水分を補給できたと勘違いしがちですが、実際のところは潤い不足に陥っていることもあります。
化粧水と乳液はマストで使って、水分と油分のバランスをしっかり整えましょう。

収れん化粧水の使用がおすすめ!

洗顔などのお手入れが終わったら、収れん化粧水で余分な皮脂を抑えながら肌を引きしめるのがオススメ。
オイリー肌・脂性肌さんはアルコール入り、敏感肌や乾燥肌の方は植物由来成分配合のものが使いやすいですよ。

花印 ハトムギ化粧水

花印 ハトムギ化粧水
引用:www.amazon.co.jp/dp/B07T3JNTHV
浸透しやすく、かさつく部分にもすぐに馴染んでお肌を乾燥から守ってくれる大人気商品。
ベタつきがなく、みずみずしい使用感が評判です。

入念な紫外線対策

紫外線がお肌の大敵と言われるゆえんは、シミや日焼けだけではありません。
紫外線は肌の最も深い真皮層にまで影響し、肌の内部の水分や弾力、ハリ、ツヤを奪ってしまいます。

さらに、コラーゲンやエラスチン、セラミドなど保湿成分の生成を滞らせることも。
保湿効果減や肌の水分量低下で皮脂が過剰に供給されるということは、すでにご説明しましたよね。紫外線をしっかり行って、お肌への影響を抑制しましょう。

ターンオーバーを正常に保つ

ターンオーバーを正常に保つ体のターンオーバーを正しく維持したいなら、スキンケアだけに頼るのは不足。
美容に効果的なビタミン類を食事からきちんと接種しましょう。
脂っこいものや炭水化物、甘いものの取りすぎは過剰な皮脂分泌の原因ですよ!
皮脂の分泌を抑え美肌につなげるビタミン類は、以下の通りです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

ビタミンB1

糖質の代謝を助けるほか、皮脂の過剰分泌を抑える効果も備わっています。

豊富に含む食品
  • 豚肉
  • うなぎ
  • かつお
  • ピーナッツ
  • 玄米 など

ビタミンB2

肌の代謝を促し、タンパク質、脂質、糖質の代謝をコントロールして安定させてくれます。

豊富に含む食品
  • レバー
  • バナナ
  • 牛乳、乳製品
  • 納豆
  • 卵 
  • 甘酒 など

ビタミンB6

タンパク質や脂質の代謝を助け、皮脂の分泌を程よく保ちます。脂肪分解をコントロールして、ビタミンB2のサポートも。

豊富に含む食品
  • まぐろ
  • かつお
  • にんにく
  • バナナ など

また、新陳代謝に働きかけてターンオーバーを整えてくれるビタミンは以下の通り。

  • ビタミンA
  • ビタミンC

ビタミンA

新陳代謝を活発にし、ターンオーバーの乱れによる肌荒れを改善してくれます。

豊富に含む食品
  • うなぎ
  • レバー
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ほうれん草 など

ビタミンC

潤いのある健康的な肌を保つコラーゲンやエラスチンの生成を助けます。
皮膚のターンオーバーを正常化し、皮脂の分泌を抑制する機能も持ちます。

豊富に含む食品
  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • キウイ
  • ゴーヤ など

気になって仕方がないなら、病院に駆け込むのも吉

気になって仕方がないなら、病院に駆け込むのも吉ここまではセルフケアの方法をご紹介してきましたが、あまりにも気になる場合は毛穴ケアに対応した美容皮膚科を受診するのもひとつの手段。
毛穴クレンジングや脱毛レーザーを使った施術など、様々な方法で毛穴の悩み解消に向けた治療を行ってもらえますよ。

毎日のこまめな鼻ケアで角栓と毛穴の詰まりを取る!

鼻の黒ずみの原因、てっきり汚れだと思いがちですよね。
毛穴から出てくる毛があのポツポツにつながっているということを知らなかった人も多いのでは。
不適切なケアを続けて空回りするのではなく、正しい対処法を知って黒ずみを除去しましょう。

  • シェア

人気の炭酸パックパックランキングBEST3

  • 1位

    HADAFUWA

    保湿力と毛穴洗浄効果はサロン級!混ぜずに使える手軽さも◎

    HADAFUWA

    製薬会社とエステサロン、美容機器メーカーが「自宅でエステのようなケア」をコンセプトに共同開発した炭酸パック「HadaFuwa」。一般的な炭酸パックの約20倍に相当する超高濃度炭酸が、肌の新陳代謝を促し8種の美容成分をしっかり届けてくれます。1剤のみで混ぜずに使えてお手軽なのも好感度大!

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    ホメオバウ O2パック

    エステティシャンからの信頼も厚い実力派

    ホメオバウ O2パック

    炭酸パック業界のけん引役「メディオン・リサーチ・ラボラトリーズ」の特許に基づき製造・監修された「O2パック(オーツ―パック)」。炭酸の力で血行を改善して肌本来のハリを引き出し、贅沢に配合された美容成分がくすみや老化の原因にあらゆる側面からアプローチしてくれます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ドクターメディオン
    スパオキシジェル

    美容医療機関やエステのノウハウを生かした元祖・炭酸パック

    ドクターメディオン スパオキシジェル

    炭酸パックの生みの親・皮膚科医の日置医学博士が、美容機関で培われたノウハウを生かして改良を重ね開発した「スパオキシジェル」。フレッシュな炭酸の力でハリと潤いのある健やかな肌を実現します。美容成分を含んだジェルの働きで、肌の外側からしっかり保湿する効果もあり。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
炭酸パック比較表

イチオシ記事

よく見られる記事